保育について

大切にしていること

幼い子どもたちにとって、もっとも大切なことは愛情に満たされ毎日を幸福に充実して過ごすことです。

私たちの保育の特徴は、012歳児は育児担当制による一人一人にていねいによりそう保育、345歳児は仲間とともに豊かな実体験を通して興味を広げ深めるプロジェクト保育です。

城東よつばこども園の保育教諭は高い専門性を持ち、子どもたちの個性や発達によりそいながら、愛情こめてお世話し、その健やかな成長を支えます。

あそび

子どもたちは遊びの中で育ちます。子どもにとって遊ぶことは学ぶことです。積み木、ごっこ遊び、机上での遊びや戸外でのダイナミックな遊びなど、子どもたちの社会性や創造性を育む主体的な遊びを中心に、保育を展開します。

子どもにとって遊ぶことは学ぶこと 感性が育まれる子どもたちにこそ良いものが必要です 。城東よつばこども園では、ヨーロッパを中心に良質のおもちゃや家具などの保育環境が充実しています

主体的な遊びのために大切にしていること


・子ども自身の発見や驚き、興味
・子どもの必要感に基づいた課題が遊びの中にあること
・試行錯誤が保障されていること
・子どもが自ら多様な遊びを選べること
・継続的な活動であること

絵本

乳幼児期にたくさんの良質な絵本に出会うことは、心の栄養となりその後の人生の糧となってその子を生涯ささえてくれる大切な体験です。毎日園文庫の貸し出しも行います。

食事

季節感のある献立で旬の食材を取り入れ、おやつも手づくりです。0歳児は担当の保育士が一人のこどもにゆったり関わり1対1で丁寧に食事の介助をします。幼児の食事は保育室ではなく、南向きの園庭に面したランチルームで食べます。調理員さんの顔が見え、おかわりも自由です。おやつもすべて手作りです。アレルギーのあるお子様には、園が代替食を用意します

アレルギー食材代替食献立は、医師の指示書に基づき、お子さまのアレルギーの状況にあわせて、管理栄養士、調理師、園長、主任、担任、看護師が連携し、保護者の方にあらかじめご確認いただいたうえで、提供いたします。

園の1日

ゆるやかな育児担当制(012歳児クラス)

乳児クラスでは、担当の保育士が毎日お世話をします。乳児は、食事をはじめ、睡眠、お散歩、絵本も、担当の保育士が1対1で一人のお子さまのお世話をします。一人一人の生活リズムにあわせて、食事や昼寝、お散歩、室内遊び、外遊びの日課をつくってていねいにお預かりします。ていねいに言葉をかけながら継続的に関わることで、子どもは安心し基本的信頼感が育ちます。

*乳児は一人一人に合わせた食事・睡眠を基本としています。

幼児保育

幼児クラスでは、主体的な遊びが広がる環境のもと、子どもたちが自分を発揮し、お友達とも協力しながら、意欲や創造性を育む、主体的な遊びを中心としています。子どもたちの主体的な遊びを中心としています。クラス編成は345歳児の異年齢クラスですが、午後からの課業では年齢別に分かれて、造形・体育・音楽・文学などをします。

また、子どもたちが自分の興味のあることを深めるとともに、お友達と一緒に広めていくプロジェクト活動も特徴です。数や文字といった認知的な教育だけでなく、創造性や社会性、表現力という、非認知的な能力の育ちを大切にしています。

保護者の方へ

お昼寝

お子様一人一人に、園がコットベッドを用意します。バスタオルを2枚持参いただければ、布団を持ってきていただく必要はありません。シーツなどリネン類のレンタル代も必要ありません。

012歳児のエプロンについて

食事のときのエプロンは一人一人に園が手作りし、衛生面の配慮から園で毎日洗濯します。ご家庭で持ってきていただく必要はありません。

おむつの処理について

子どもたちの感染症防止のため、紙おむつは園ですべて業者に処理してもらいますので持ち帰りの必要はありません