大切な乳幼児期に愛情に満たされ充実して過ごす

幼い子どもたちにとって、もっとも大切なことは愛情に満たされ毎日を幸福に充実して過ごすことです。私たちの保育の特徴は、012歳児は担当制による一人一人にていねいによりそう保育、345歳児は仲間とともに豊かな実体験を通して興味を広げ深めるプロジェクト保育です。

あらゆる人格の基礎が培われる乳幼児期に、質の高い保育・幼児教育が幸福で豊かな人生の礎となります。城東よつば保育園の保育士は、高い専門性を持ち、お子様の個性や発達によりそいながら、愛情こめてお世話し、その健やかな成長を支えます。

入園ご希望の方は、まず園見学にお越しください。

お問い合わせする

城東よつば保育園の特徴

南向きの芝生の園庭

南向きの、土と砂場と樹のある園庭があります

保育経験が豊富な職員

一人一人を大切にし、愛情こめて心身ともに健やかな発達を支援します

上質なおもちゃと絵本

子どもたちの感性を育むおもちゃと絵本が充実しています

保育について詳しく見る

子どもたちの健やかな心身を育む豊かな保育環境

城東よつば保育園では、子どもたちの主体的な遊びが広がる保育環境を大切にしています。ゆったりと落ち着ける広い保育室には子どもの発達に適した良質なおもちゃや絵本、造形素材があります。

園舎前の南向きの園庭は感触の庭として、どろんこ遊びや砂遊び、芝生や樹木のある園庭があります。1歳児クラス前には人口芝と砂場がある園庭で転んでも安全です。

3階はすべて園庭となっており、280平方メートルほどの広さがあります。ボール遊びやなわとび、体育活動、夏にはプール遊びができます。子どもの豊かな保育環境が整っています。

施設について詳しく見る