大切な乳幼児期に愛情に満たされ充実して過ごす

幼い子どもたちにとって、もっとも大切なことは愛情に満たされ毎日を幸福に充実して過ごすことです。私たちの保育の特徴は、012歳児は担当制による一人一人にていねいによりそう保育、345歳児は仲間とともに豊かな実体験を通して興味を広げ深めるプロジェクト保育です。

あらゆる人格の基礎が培われる乳幼児期に、質の高い保育・幼児教育が幸福で豊かな人生の礎となります。城東よつばこども園の保育士は、高い専門性を持ち、お子様の個性や発達に愛情こめ、ていねいによりそいながら、その健やかな成長を支えます。

入園ご希望の方は、まず園見学にお越しください。

3歳児・4歳児・5歳児(各5名) 1号認定児*募集しております。
見学は毎週水曜日・午前10:30より行っています。
希望される方はお電話でご予約ください。 *保護者の方の就労状況に関わらず入園することができます。

06-6963-0428
電話予約する

保育士募集のお知らせ

城東よつばこども園の特徴

子どもたちの健やかな心身を育む豊かな保育環境

城東よつばこども園は、子どもたちの主体的な遊びが広がる保育環境を大切にしています。ゆったりと落ち着ける広い保育室には子どもの発達に適した良質なおもちゃや絵本、造形素材があります。

園舎前の南向きの園庭は感触の庭として、どろんこ遊びや砂遊び、芝生や樹木のある園庭があります。1歳児クラス前には人口芝と砂場がある園庭で転んでも安全です。

3階はすべて園庭となっており、280平方メートルほどの広さがあります。ボール遊びやなわとび、体育活動、夏にはプール遊びができます。子どもたちの健やかな発達を支える豊かな保育環境が整っています。

施設について詳しく見る

012歳児クラス育児担当制

0歳児は一人のお子様に一人の職員が、1・2歳児は一人の職員が二人~三人のお子様の、食事や散歩をおこないます。 少人数でていねい関わることで、お子様は安心し人への信頼感が築かれます。この信頼関係をもとに、安心してまわりの世界に積極的に関わることで、心も体も健やかに発達します。

閉じる

幼児クラス主体的な遊び・課業・プロジェクト教育

午前中は、異年齢での主体的な遊びを通して、自律心や社会性、文字や数への興味などの力をバランスよく育みます。

午後からは、年齢別に子どもたちの興味や発達にそって、音楽・文学・造形・体育をおこないます。年長児は、プロジェクト活動があり、年間を通して継続して自分の興味あることを深めていきます。子ども同士の話し合いを大切にして、お友達とも協力することで、好奇心はいっそう広がります。

閉じる

高い専門性を持つ職員

城東よつばこども園の職員は、高い専門性を持つ職員です。わらべうた、運動発達、育児担当制による乳児保育など、各地で保育者研修の指導も担当する職員が複数在籍し、お子様の心身の発達について専門性を持って支援します。

園長著書

「保育と絵本」
発達の道すじにそった絵本の選び方
瀧薫・著 エイデル研究所

「保育とおもちゃ」
発達の道すじにそったおもちゃの選び方
瀧薫・著 エイデル研究所

閉じる

上質なおもちゃと絵本

西ドイツを中心に、子どもの発達を考えて、ていねいに作られているおもちゃは、子どもたちの好奇心をふくらませ、感性を豊かに育みます。「おもしろそう」「さわってみたい!」から子どもたちの興味が広がります。

手作りのおもちゃ

また、012歳児クラスでは、一人一人のお子様の興味や発達合わせて、手作りのおもちゃも大切にしています。  お子様のために作られたおもちゃが心身の健やかな発達を支援します。

絵本について

大好きな人と絵本を共有する時間は、かけがえのないひとときです。人の声の心地よい体験は、人への信頼感を育みます。 012歳児クラスでは、一人の保育士が一人のお子様に絵本の読み聞かせをすることを大切にしています。

幼児クラスは、お友達と一緒に絵本の世界を楽しみます。わくわくするファンタジーや、好奇心を広げる科学絵本など、子どもたちの興味や発達に合わせた絵本から、世界が広がります。

月刊誌は、0歳~5歳まで、福音館書店の「こどものとも」です。 また、2000冊を超える園文庫は毎日貸し出しをしています。

閉じる

明るく開放的な園庭

どろんこ園庭

園舎前は、南向きのどろんこ園庭です。 水や泥の感触、ボディペインティングなどの感触遊びで開放感を味わったり、植物や虫との関わりから発見が広がったり、子どもたちのワクワクを応援します。

運動庭園

屋上はすべて園庭になっています。大型の遊具や、三輪車、なわとび、竹馬など、身体全体を使った運動遊びを思う存分楽しめます。 陽ざしが強い季節には、大型のUV加工の斜光テントを張り、熱中症を防ぎます。

閉じる